UNIQLO フォント 解説編

この前のユニクロフォントの記事が結構な反響の良さだったので、早速アルファベット26文字を全部公開していきたいと思います。基本は図を見ればすぐに作れるものばかりなので詳しい解説はそんなにいらないでしょうけど。

もう一度全部作り直してみて気付いたんですが、基礎となる骨格の対角線って一回も使ってないんです。さらに”S”はレタリングの仕方がアバウトなので、ちゃんとしたアウトラインの決め方が見つかればいいんですが。解説が必要な文字に関しては今後記事を追加していく予定なのでご心配なく。

一応言っておきますが、これは本家ユニクロのフォントから僕がスキャナと感覚を駆使してそれっぽいものに仕上げたフォントです。とはいえ、たいていのものには100%再現している自信がありますし、今までユニクロフォントを探し続けてきた方のメシアとなることは間違いないと思います。
それでは全26文字一挙にどうぞ!!

ちなみに次回は小塚明朝からA1明朝を再現する方法を公開しますので、乞うご期待!!