image training

雑感。

ゲーム実況で一番好きな実況者が5ヶ月間も更新がなく、最後に投稿された動画も引退をほのめかすものだったので、結構ショックだったが、ちょうど先週末にまさかの復活。今年トップ5には入るだろう歓喜の瞬間だった。他にゲーム系でいうと、先週決まったFF12リメイクにも歓喜した。FF7リメイクはそんなにだけど、FF15とKH3も含めるとPS4の必要性が現実的なものになりつつある。

ここ1ヶ月くらい、声優のwikipediaをめちゃくちゃ巡っているし、ラジオやイベント動画も雑食気味に視聴している。直近で良いキャラだと思うのは津田健次郎と小松未可子のラジオのからみ、神谷浩史と金田朋子のからみ。津田健次郎カッコ良すぎる。阪口大助と福山潤はラジオでは博識キャラ。岡本信彦は声も好きだし、あと将棋がめちゃ強くて動画を見て改めていいなと。ポッドキャスト系では坂本真綾のラジオ『from everywhere』が好き。単純に声質で好きなのは昔から柿原徹也、主人公役も敵役も。

ここ2ヶ月くらい、週末48時間のうち稼働時間のほとんどを個人の仕事にあてている。今年2~4月くらいの期間で、自分のスタイルというものを(とりあえず2015年ver.としてだが)確立させる練習をしていた。振り返ると全く楽しくなかったけど、色々と思うところあり、色々と試した。今の自分にはまぁこれくらいがちょうどいいだろうという”型”を見付けた、というか決め込んだわけだ。色々と思うところがあるのは今も同じだけど、毎週末の淡々とした景色と画面と行動パターンの中で、さらに日々悶々としている自覚がある。ただ、今はその淡々とした作業のずーっと奥の方に、ひとつの結果ないしは答えないしは悟りないしは表現、その悶々とした中でカチっとなるものがあると、今の段階で俺が決めた。

同じ時期から、サウナに結構行っている。別に健康のためでもカラダを鍛えようという気概でも全くないが、この前テレビで長渕剛が昔ガリガリだった頃の話をしていて「強靭な精神を身につけるには、どうしたって器を先に鍛える必要があったんです」的なことを言っていて、そうかもなとは思った。何かを経験して精神力だけを鍛えようというのは案外強欲なことなのかもと。

SAINT LAURENTのジャケットを買った。30万。買った後の待ち時間に店でシャンパン出て来たので、SAINT LAURENTやばいと思った。でも今は暑すぎて全然着れていない。もう服は当分買わない。

とあるライブDVDを見て、秋にまたパーマをかけたい気分に突発的になっている。振り返ると、自分の外見に関するライブDVDの影響が毎回大きいと思う。

『東京賛歌』と『image training』を最近よく聴く。一ツ木通りにこの前初めて行った。

坂本渉太さんのブログを今日見付けて読んだ。アツく、グッとくるものがある。ところで、もう他人のブログをほとんど読まなくなっている。RSSではもはやブログ系はhysyskさんしか購読していない。

file is free, url needs fee. という一句。”URL is the new MP3″ というネット記事を読んで思いついた。時事ネタ。こういう時代なんだなというか、ずっと前からそうでそう言われるとそうにしか思えないという事例。この記事にあるように、例えばChromeのアドレスバーによって最初のアルファベットそれぞれにネットの属性がないこともないような。自分が良く使うのは、t . tu . f . fe . s . c . v . ma . d . y . h 。

芸能界のことを知る唯一のキッカケがネットで見るワイドショー番組なんだけど、渡辺真理、すごくいい。コメント力がある。

2ヶ月前、大学の同級生が上京して遊びに来た。いつもは福岡の何度も行っている店で台湾料理を食べて〜という感じだが、今回は東京だったし、大学院に進んだ人も卒業して全員働くようになったからなのか、とりあえず銀座で美味しいものをお金を気にせずに求めようということに。その後中目黒へ行きウチ(下北沢)まで歩き、朝まで映画を観て途中で寝、ここらへんはどこへ居ても同じである。皆が帰って、自分の毎日見ている景色を見せたかったんだろうと思った。それが嬉しくて。ご飯を食べている時にも、なんかお金のかかることするようになったな、なんてことを偉ぶるわけでも悲しむわけでもなく。最近はそういう細かい気持ちの起伏が増えたのかもしれないなぁと感じる。増えたのか、気付くようになったのか。夜中、喉が渇いて家の向かいにある自販機で買ったものを飲んで、あぁとか。朝、会社のベランダで歯磨きをしながら、あぁとか。そういう時、自分の感情を揺さぶられる部分や感性を刺激される部分は、鋭くなっていっているのか鈍くなっているのか、どっちなんだろうか。